きがるに、わたろっ

ご予約・お問い合わせ

Icon 運休便あり

ニュースリリース

2023年12月吉日

報道関係者各位

青函フェリー株式会社

【青函新時代】じゃわめぐ!新造船『はやぶさⅢ』
遂に、2024年1月20日デビュー! (認可申請中)

~ 船内デザインコンセプトは、青森にゆかりのあるモノをモチーフに ~
就航記念割<乗用車5m未満が11,300円(2/1~3/31)>実施!

青函フェリー株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役社長:熊坂高)は、地元函館市の函館どつく株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役社長:服部誠)で建造中の『はやぶさⅢ』(スリー)を、2024年1月20日(土)の函館発10便(14:35)より就航させます。
『はやぶさⅢ』(2,997トン・300名)は、「3号はやぶさ」(2000年就航・2,107トン・105名)の代替船として建造し、輸送力が大幅アップとなります。

※じゃわめぐ…津軽弁で、気分が高まって体中がざわざわして、いてもたってもいられなくなるような高揚感のことを言います。
※画像の船は「はやぶさⅡ」で、同型船が就航となります。

既存船との比較

はやぶさIII新造船 3号はやぶさ既存船
全長 115.35m 101.62m
全幅 19.00m 15.8m
総トン数 2,997トン 2,107トン
車両積載台数 トラック12m・34台、9m・2台
または乗用車120台
トラック12m・24台、9m・3台
または乗用車85台

今般の『はやぶさⅢ』の就航により、はやぶさシリーズの姉妹船(はやぶさⅢ、はやぶさⅡ、はやぶさ)300名定員×3隻体制となり、また、運航便数は(あさかぜ21を含む)全4隻で、青森~函館航路最多・往復16便の運航会社であることから、これまでとは異なるフェリーとして、【青函新時代】を掲げ、今後ますますの青函広域(経済・観光)圏の活性化と賑わいに寄与となるよう邁進すると共に、地元に親しまれるフェリー会社を目指してまいります。

『はやぶさⅢ』営業航海スタート

函館発初便:
2024年1月20日(土)函館発10便(14:35)→ 青森着(18:25)
函館発 青森着 船名 定員
02:00 05:50 はやぶさIII 300名
04:30 08:30 はやぶさ 300名
08:10 12:10 はやぶさII 300名
11:35 15:25 あさかぜ21 159名
14:35 18:25 はやぶさIII 300名
18:00 21:50 はやぶさ 300名
20:30 00:20 はやぶさII 300名
23:30 03:20 あさかぜ21 159名
青森発初便:
2024年1月20日(土)青森発13便(20:30)→ 函館着(00:20)
青森発 函館着 船名 定員
02:00 05:50 はやぶさII 300名
04:30 08:30 あさかぜ21 159名
08:10 12:10 はやぶさIII 300名
11:35 15:25 はやぶさ 300名
14:35 18:25 はやぶさII 300名
18:00 21:50 あさかぜ21 159名
20:30 00:20 はやぶさIII 300名
23:30 03:30 はやぶさ 300名
青森発 函館着 船名 定員 函館発 青森着 船名 定員
02:00 05:50 はやぶさII 300名 02:00 05:50 はやぶさIII 300名
04:30 08:30 あさかぜ21 159名 04:30 08:30 はやぶさ 300名
08:10 12:10 はやぶさIII 300名 08:10 12:10 はやぶさII 300名
11:35 15:25 はやぶさ 300名 11:35 15:25 あさかぜ21 159名
14:35 18:25 はやぶさII 300名 14:35 18:25 はやぶさIII 300名
18:00 21:50 あさかぜ21 159名 18:00 21:50 はやぶさ 300名
20:30 00:20 はやぶさIII 300名 20:30 00:20 はやぶさII 300名
23:30 03:20 はやぶさ 300名 23:30 03:20 あさかぜ21 159名

新造船「はやぶさⅢ」の特徴

1. 揺れの低減
はやぶさⅢ」は、従来の船首の形を変え波の抵抗を低減。船尾船底の構造なども大幅に見直し、荒れがちな津軽海峡の波による揺れを抑える構造。
2. 省エネ船
推進部のスクリューやエンジンは最大出力時の燃料効率を、運航中のフェリーより、5%程度向上。合わせて客室に伝わるエンジン音も軽減となります。
3. 船内のデザインコンセプト
2023年4月4日に就航した「はやぶさⅡ」の船内デザインコンセプトを函館市にゆかりのあるモノとしており、「はやぶさⅢ」は、青森・函館ツインシティの青森市にゆかりのあるモノ(刺し子やりんごの木をモチーフ)をグラフィック化したデザインとし、空間のオリジナリティを演出し、青森~函館を結ぶ青函フェリーの商号イメージを明確に表現しております。

4. 船内客室イメージ(各船内画像は「はやぶさⅡ」です。)
エントランス(1F)

船の中心に配置されたメイン階段。開放的な空間は本船の象徴としてお客様の心に深く刻まれます。

ロビー船楼甲板(1F)

明るく柔らかなホワイトウォ-ルナットの木目がお客様を温かく迎えます。
各所へ一息つける歓談スペースを設け、楽しいひとときを過ごしていただきます。

ロビー船橋甲板(2F)

階段踊り場から天井へ連続した装飾壁がロビー全体を優しく包み込み、下層の様子が伺える開放的な空間としています。

「2等椅子席」(オーシャンビュー席)

現就航船「はやぶさⅡ」「はやぶさ」のオススメエリアといえば人気の「2等椅子席」。
新造船「はやぶさⅢ」でも落ち着きのある空間を演出し海上が望め、素敵な海時間をお過ごしいただけます。※2等運賃でご利用いただけます(先着順)

2等席

全ての2等室に海上が望める窓が設置された明るい室内で、ゆったりとした空間を演出。
カーペット仕上げの当室は自由な姿勢で海時間をお過ごしいただけます。

通路(船路甲板・船首)

船橋甲板のステートルームとのグレードに整合性を持たせる為、扉部へ装飾柱を設けており、お客様へプレミアム感を実感していただきます。

ステートルーム(ベッド×2)

ヘッドボードの間接照明やスタンドランプの照明効果により、ハイグレードでゆとりを感じさせるくつろぎの空間を演出しております。

ステートルーム(ベッド×4)

L型のソファを窓側へ設け、家族や仲間でゆったり歓談できる空間、各寝台内部には寝台灯とコンセントを装備しております。

バリアフリー椅子席

明るい木目に囲まれ、ゆったりとした空間を演出。ソファ席はバリアフリー対応となっており、ソファの間隔も広く備え付けのTVをゆったり観賞できます。カウンター席では 海を眺めながら軽食を楽しむことができ、PC作業を行う等、多目的利用が可能です。

WEB予約限定割「はやぶさⅢ」就航記念割引について

就航記念割引(北海道~本州を結ぶ全航路の中で最安値の割引運賃)を販売し、より多くの皆様に新造船および青函新時代の船旅をご堪能いただきます。

わいは!いいじゃ~「はやぶさⅢ」割‼WEB予約割引11,300円

※わいは…津軽弁で「びっくり」「驚いたとき」に使われる言葉です。
※11,300円は税込価格となります。

適用期間
2024年2月1日(木)出航便~3月31日(日)出航便まで
販売価格(税込)
< 車両 >
4m未満定価15,600円 → 10,300円(約34%引)
5m未満定価17,500円 → 11,300円(約35%引)
6m未満定価19,100円 → 13,300円(約30%引)
同乗者大人定価2,200円 → 1,300円(約41%引)
同乗者小人定価1,100円 → 650円(約41%引)
< 徒歩 >
徒歩大人定価2,200円 → 1,700円(約23%引)
徒歩小人定価1,100円 → 850円(約23%引)
ステートルームプラス+定価6,500円 → プラス+5,200円(20%引)
  • ※お車の運賃には、ドライバー1名分が含まれております。
  • ※WEB予約は、乗船日の2か月前の同日9:00より乗船日2日前の23:59まで受付となります。予約は数量限定で各便先着の割引商品となります。
  • ※ステートルームは、航送運賃の他にルームチャージとして別途料金が掛かります。

ニュースに関するお問い合わせ先

青函フェリー株式会社 営業本部
TEL. 0138-42-4121
担当:高橋